COMPANY(株) 馬事学院って何?

(株)馬事学院とは…?

東関東馬事高等学院東関東馬事高等学院

この度は、株式会社 馬事学院のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

株式会社 馬事学院は、平成27年1月より南関東競馬場(大井競馬場、船橋競馬場、川崎競馬場、浦和競馬場)をはじめ、門別競馬場、名古屋競馬場、金沢競馬場、園田競馬場、笠松競馬場など多数の厩舎関係者のネットワークを通じて、平成28年4月現在30頭近い現役競走馬を保有している会社です。

弊社は、単に「競走馬の馬主」としての事業を展開していくだけでなく、競走馬の繁殖や生産を担う生産牧場従事者や、競走馬の鞍つけ、馴致調教などを担う競走馬育成従事者、さらには騎手や厩務員をめざす人材を育成する株式会社 東関東ホースプロジェクトの連携により、東関東馬事高等学院ならびに東関東馬事専門学院などの教育事業に着手し、馬を育てながら人の成長を促し、人を育てながら馬の成長を促し、今後とも馬産業の活性に貢献していく事が、弊社の存在意義であると考えています。

平成27年4月以降、弊社から競走馬としてデビューした競走馬たちには、冠名として馬事学院を略して『バジガク』と名付けています。

ハジガク○○○○という競走馬を見かけたときは、ぜひ応援をお願いいたします。